テレクラといえばテレホンクラブの略称で、昔は出会いの場がこのような形で行われており、そうですね個室のような店は構えられていてそこから指定の電話で女性と話してから待ち合わせを取り付けるようなものでした。電話がかかってくるだけなんですけど、1時間いくらとかで料金を支払ってその個室に入るわけですが、そのまま個室で女性と話しをして会う約束を取り付けることが簡単にできていたので、インターネットが始まる前よりもこちらの方が効率よく相手にあえていたような気がします。

今は何度もメールのやりとりをして、やっぱりさようならというような流れが多く、相手と直接電話で話しているとこちらの言葉をすぐに返してくれるのでかなり話しが早く、相手の迷っていてもこちらの強引な押しで会えるような流れに持っていくことが可能なのです。文章になってしまうとなかなか説得力がなく、相手が目の前にいないので断ってしまうことは簡単です。

けれども電話はそのまま電話の向こうに相手がつながっており、こちらから熱心に会いたいと頼んでいるとその熱意に負けて会ってくれるような流れになってしまうのです。これが大変良いところで、最近の出会い系サイトではほとんどがメールで仲良くなるのが当たり前で常識化していますが、最初から電話しかないテレクラはここが強みなのです。

電話をかけてくる女の子たちも時間があるから駈けてくるとか、特に何もすることもないから電話をしていることも多くそのような女の子たちをキャッチできた場合は、ご飯に誘おうという理由でそのままデートに持ち込める可能性も大きくあるのです。実際に会ってみてお互いが気に入ればそこから本気のお付き合いも始まるわけで、メールだけではなかなか付き合いがそのまま始まるというのは難しいですが、声を聞きながら話す電話というのはこのような強みがあるのです。そういった意味では今こんなふうにインターネットでメールがはやっている時代ですが、そんな中でもテレクラはなくなってしまうことがなく根強い人気があります。

自分の携帯電話の番号が知られることがなく安全に相手と話すことができますし、電話で話している最中に相手の女性が気に入らない場合はチェンジができるお店もあるんですよ。あまりにも頻繁に女の子を取り換えていると、電話をかけてきている女の子は全くいなくて全然離せない時間というのができてしまい暇な時間ができてしまうので時間がもったいないようにも感じます。

店によってサービスが様々なんですが、家に居ながら電話で話せるというサービスもありますけれど料金的にどれくらいの値段がかかっているのかわかりにくいので、明確な料金で相手と電話がしたいと思う場合は個室が準備してあるテレクラのお店に行った方がよいと思います。お店で前払いで料金を支払って、その時間内で女の子たちと電話で会話をしてみて、そのまま帰る場合もあります世紀文学待ち合わせができてから帰るということもあるですよ。

全国どこにでもあるテレクラ

テレクラは日本全国どこにでもあり、ちょっとした繁華街なら必ず店舗が構えてあふれだれでも気軽に入ることができます。大きな駅に行くとテレクラのポケットティッシュをもらうこともあり、ティッシュを見てしまうとやっぱりまだまだ健在なんだと感慨深い気持になってしまいます。割と携帯電話の扱い方がよくわかっていないおじさんが使う店というふうに、思われがちですがそんなこともなく案外大学生ぐらいの男性も使っていることがあり、出会い系から来た人が流れてきているような感じにも見受けられます。とにかくどんな人でも個室に入って待っていれば必ず電話がかかってきますから、電話がかかってきたら女の子と軽い自己紹介をしてから会話を始めるわけです。

テレクラの場合女の子と待ち合わせを取り付けたからといって追加料金を支払わなければならないというような決まりを設けているところは少なく、最近都心ではやっている女の子を外から眺めて個室で話しをしてから料金を支払って女の子を外に連れ出すというようなシステムもはやっていますが、これよりもはるかに安く相手と会うことが可能なのです。料金の面から考えても、比較的すぐに仲良くなれるというメリットから考えてもテレクラは今でも十分に使えるものであり、若い人も出会いを探すために積極的に使っていただきたいと思います。

もう一つの使い方としてテレクラでテレホンセックスをするという使い方もありますが、この場合は絶対に個室でないと自分の声が外に漏れてしまうので場所によっては使える場合と使えないことがあります。自宅からテレクラに電話をする場合は気軽にテレホンセックスができるかもしれませんが、外でやる場合は場所を選ばなくてはならないのでその辺が少し困るでしょう。

一番良いのは個室の場所はいいのですが、自分の家の近くにそのような施設があるのかどうかわからない場合はネットで調べてから言ってみるのがいいかもしれません。